がんと向き合うあなたへ

予約センター:045-474-8882

受付時間:8時15分~17時(平日)

TEL
MENU
キービジュアルキービジュアル

一人ひとりのこころと向き合う

当院のがん診療科
がんの種類について
横浜労災病院のがん治療についての画像

Cancer treatment

日本のがん統計によりますと、日本人の2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなっています。一方で、近年のがん治療の進歩はめざましく、高度かつ複雑化してきており、治療成績も向上しています。
当院は横浜市北東部地域の中核施設として、またがん診療連携拠点病院として、がん治療の三本柱である手術療法、放射線治療、薬物療法を高度なレベルに維持するとともに、がん診断の中核である病理部門・画像診断部門と協力し、各臓器のがん専門医による、「質の高いがん医療」「最新の集学的医療」「チーム医療」を実践しています。

ABOUT

質の高いがん医療や、最新の集学的医療・チーム医療を実現するためには、各診療科・各部門が横断的に協力し、いつでも相談・議論が可能な、そして、患者さん中心の体制であることが非常に重要です。

当院では、「外来化学療法室」、「緩和ケアチーム」、「がんゲノム医療室」、「がん相談支援センター」の4つの部門からなる『がん支援センター』を設置し、また各部門が、がん患者さんやご家族への相談支援・情報提供に幅広く対応しております。

治療対象がんの種類について

先進的がん治療

スタッフ紹介について

CONCEPT

がん支援センターでは、高度な診療機能の提供や、当院がこれまで培ってきたがん治療の更なる充実・強化のため、横断的ながん診療例の一つであるキャンサーボードにおいて、各がん専門診療科のトピック、診療情報の共有や、個々の患者さんの治療方針について、複数の診療科で検討し、最善の治療方針を決定しています。
また、各がん患者さんやご家族への相談支援・情報提供に力をいれており、横浜市北東部地域の中核施設として地域住民の皆様に安心・安全・納得できるがん医療を提供いたします。

働きながら治療できる、がん患者さんのこころと身体を手厚いサポートで支えます

  • がん治療のプロフェショナル集団

    がん治療の
    プロフェショナル集団

  • 医師と連携したチームの手厚いサポート

    医師と連携したチームの
    手厚いサポート

  • 先進的な治療と豊富な実績

    先進的な治療と
    豊富な実績

  • 地域がん診療連携拠点病院

    地域がん診療
    連携拠点病院

TOPICS

  • お知らせ

    がん情報サイトをオープンしました

  • お知らせ

    がん情報サイトをオープンしました

記事はありません。

記事はありません。

厚生労働省は「第3次対がん10か年総合戦略」において、地域における連携を図りつつ質の高いがん医療をうけることができる体制を確保するために、「地域がん診療連携拠点病院」の設置を進めてきました。横浜労災病院は、平成20年3月に指定を受け、がん診療機能の向上に努めています。

また、当院は、横浜市のがん対策に基づき、乳がん患者さんを包括的に支援する「横浜市乳がん連携病院」の一つに指定されています。横浜市内4つの指定病院や地域の医療機関と、最新治療や患者支援による連携を通じた取組みを進めています。

がんの三大治療法とされているものに「手術療法」「放射線治療」、そして抗がん剤などを用いる「薬物療法」があります。
それぞれの治療法を単独で用いることが多いのですが、がんの種類や治療の目的によって、複数の治療法を併用する「集学的治療」が行われることもあります。
どの治療も安全を第一に、かつ最大限の効果が得られるように行われます。
詳しくはこちらからご確認ください。